コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原兼輔 フジワラノカネスケ

5件 の用語解説(藤原兼輔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふじわら‐の‐かねすけ〔ふぢはら‐〕【藤原兼輔】

[877~933]平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。邸宅が賀茂川の堤近くにあったので、堤中納言と称された。家集に「兼輔集」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原兼輔 ふじわらの-かねすけ

877-933 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
元慶(がんぎょう)元年生まれ。藤原利基(としもと)の6男。従三位,中納言。堤中納言と称される。三十六歌仙のひとり。醍醐(だいご)天皇に近侍し,岳父藤原定方とともに紀貫之(つらゆき)ら歌人の庇護者となった。歌は「古今和歌集」以下の勅撰集に56首はいっている。承平(じょうへい)3年2月18日死去。57歳。家集に「兼輔集」。
【格言など】みかの原分きて流るる泉川いつ見きとてか恋しかるらむ(「小倉百人一首」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのかねすけ【藤原兼輔】

877‐933(元慶1‐承平3)
平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。紫式部の曾祖父で堤中納言と呼ばれた。898年(昌泰1)讃岐権掾となり,のち927年(延長5)従三位権中納言に至った。醍醐天皇の側近に侍し,彼の賀茂川堤の邸を中心に紀貫之凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)らと文学サロンを形成する中心的存在であった。《古今集》以下の勅撰集に55首入集。家集に《兼輔集》がある。真心を飾ることなく率直に訴えた,〈人の親の心は闇にあらねども子を思ふ道にまどひぬるかな〉(《後撰集》巻十五)の歌は有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふじわらのかねすけ【藤原兼輔】

877~933) 平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。従三位中納言兼右衛門督。邸が賀茂川の堤近くにあったので堤中納言と呼ばれる。「古今和歌集」以下の勅撰集に五五首入集。著「聖徳太子伝暦」、家集「兼輔集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原兼輔
ふじわらのかねすけ
(877―933)

平安前期の歌人。三十六歌仙の1人。閑院左大臣藤原冬嗣(ふゆつぐ)の曽孫(そうそん)、父は利基(としもと)。従三位(じゅさんみ)中納言となり、邸(やしき)が賀茂川堤近くにあったためもあって、世に堤中納言とよばれた。醍醐(だいご)天皇の寵遇(ちょうぐう)を得、従兄弟(いとこ)であり岳父であった三条右大臣藤原定方(さだかた)とは親交が厚く、紀貫之(きのつらゆき)をはじめとする当時の文化人たちの庇護(ひご)者的存在でもあった。『大和(やまと)物語』には彼を中心とするグループのエピソードがいくつも伝えられている。家集に『兼輔集』があり、『聖徳太子伝暦(でんりゃく)』は彼の撰(せん)といわれている。
 人の親の心は闇(やみ)にあらねども子を思ふ道にまどひぬるかな[久保木哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の藤原兼輔の言及

【聖徳太子伝暦】より

…聖徳太子の事績を編年体に記した伝記。藤原兼輔が,917年(延喜17)に撰したとみるのが通説であったが,近時これを疑う説もある。2巻。…

【堤中納言物語】より

…この1編以外はすべて中古最末期までの成立とみてよかろうか。 もと独立していた短編がいつまとめられ,《堤中納言物語》と名づけられたか,その由来は皆目不明であるが,後者については,堤中納言藤原兼輔の事跡物語と読者が誤認しての名,《逢坂越えぬ権中納言》の略名《権中納言》の権を堤と誤写したことに発する名,10編の物語を包んで〈物語一つつみ〉と記しておいたことが誤られての名など,憶説めくものは数多くある。各編の順序は,流布本はほぼ四季に従って並べられているが,三手文庫本,前田家育徳財団蔵元禄本,天理図書館蔵佐佐木氏旧蔵本その他,順序がそれぞれに異なる伝本もある。…

※「藤原兼輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

藤原兼輔の関連キーワード馬内侍歌仙三十六人集素性法師小大君三十六歌仙絵巻中古三十六歌仙五歌仙菅原輔昭増基(1)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

藤原兼輔の関連情報