コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心肝/心胆 ココロギモ

4件 の用語解説(心肝/心胆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ぎも【心肝/心胆】

心の中。
「いとど―もつぶれぬ」〈・浮舟〉
思慮。考え。才覚。
「―なく、相思ひ奉らざりしものを強ひて使ひ給ひて」〈落窪・二〉

しん‐かん【心肝】

心臓と肝臓。転じて、こころ。心の底。「心肝に徹する」「心肝を寒からしめる」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こころぎも【心肝】

心。魂。胸のうち。
深い考え。 「やをらひき隠してあるべかりけることを-なく申すかな/大鏡 昔物語
[句項目]

しんかん【心肝】

〔心臓と肝臓の意から〕
心。心の底。 「 -に徹する」 「 -を披ひらく」 「 -を砕く(=苦心スル)」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone