三の宮(読み)さんのみや

  • さん
  • の 宮(みや)

精選版 日本国語大辞典の解説

① 第三番目に生まれた皇子、または皇女。
※小右記‐天元五年(982)正月六日「三宮御給湏以中納言被伝仰」
② 諸国の由緒ある神社で、その国の第三の神社。また、一郡、一郷あるいは一社中の各社殿のうち、三位に遇せられるもの。
※伊呂波字類抄(鎌倉)「熱田 アツタ 不入式社也 坐尾張国、第三宮也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三の宮の関連情報