コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心越 しんえつ

1件 の用語解説(心越の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

心越
しんえつ

[生]崇禎12(1639)
[没]元禄8(1695).水戸
日本に亡命した明の禅僧,琴学家。東皐禅師心越。俗名は蒋興儔。延宝5 (1677) 年長崎に亡命し,興福寺に身を落ち着けたのち,天和3 (1683) 年,徳川光圀に招かれて水戸に下り,宗教,芸術の面で広く活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の心越の言及

【琴】より

…楽器が正倉院などに保存されている。1677年(延宝5)日本に渡来した明僧東皐(とうこう)禅師心越によって水戸光圀のもとで琴楽が再興され多数の琴士を生み,昭和の初めまで心越派の琴楽が存続した。心越派の琴譜は《東皐琴譜》として流布している。…

【篆刻】より

…その他,黄牧甫,斉白石などが傑出し,それぞれ一派をなした。
[日本]
 中国の近代篆刻が日本に広まるのは,明王朝滅亡で,独立や心越が日本に亡命してきて江戸初期の文人達に伝えてからである。それは明末・清初風のいわゆる方篆雑体のきわめて装飾的なもので,秦・漢の古印の風格はなかったが,その華麗な作風は世の人に好奇の眼で迎えられた。…

※「心越」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

心越の関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没元禄金元禄銀N末端残基Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

心越の関連情報