コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀親次 しが ちかつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀親次 しが-ちかつぐ

1566?-? 織豊-江戸時代前期の武将。
永禄(えいろく)9年?生まれ。志賀親度(ちかのり)の子。豊後(ぶんご)(大分県)岡城主。キリシタンで,洗礼名はドン=パウロ。天正(てんしょう)14年(1586)の島津氏の侵攻にたえ岡城をまもる。文禄(ぶんろく)の役では大友義統(よしむね)にしたがって朝鮮へ出陣。義統の改易(かいえき)後,福島正則,ついで小早川秀秋につかえた。名は親善(ちかよし)とも。通称は小左衛門尉(こざえもんのじょう)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

志賀親次の関連キーワード岡城跡

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android