コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘筌席 ぼうせんせき

1件 の用語解説(忘筌席の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうせんせき【忘筌席】

京都大徳寺の塔頭(たつちゆう)孤篷庵(こほうあん)の茶室。孤篷庵の建物は小堀遠州最晩年の作品であったが,1793年(寛政5)に焼失した。まもなく近衛家や松平治郷(不昧)の援助を得て再興が図られ,遠州による創建当初の姿に忠実に復原された。新しい客殿は塔頭雲林院から移築され,97年上棟,忘筌席はその客殿の北西に建て継がれた。十二畳敷で,一間の出床を設け,その隣の一畳を点前座とし,炉は台目切であった。角柱,張付壁に長押(なげし)を打った完全な書院様式を備え,床回りにも一線に長押を打ち,重厚な軸部と華奢な砂摺天井を調和させて,落着きをつくり出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone