コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孤篷庵 こほうあん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孤篷庵
こほうあん

京都市北区にある臨済宗大徳寺の塔頭。開山は江月宗玩とされ,大徳寺境内の西方に位置する。小堀遠州竜光院内に小さな庵を建て,寛永 20 (1643) 年に現在地に移転したが,火災により消失,のちに松平不昧の援助で再建されたもの。本堂,書院茶室忘筌 (ぼうせん) は重要文化財。庭園は史跡・名勝に指定され,本堂前庭と忘筌前庭,書院前庭,山雲床前庭から構成される。本堂前庭は借景庭園,書院前庭は枯山水庭園。寺宝として国宝の井戸茶碗 (銘喜左衛門) ,重要文化財の大燈国師 (→妙超 ) 墨跡を所蔵する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こほう‐あん【孤篷庵】

京都大徳寺の塔頭(たっちゅう)の一。慶長17年(1612)小堀遠州が竜光院内に創建し、のち大徳寺内に移築。寛政5年(1793)に焼失したが、松平不昧が再興。茶室の忘筌(ぼうせん)と茶庭がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

孤篷庵【こほうあん】

京都大徳寺塔頭の一つ。小堀遠州が1643年創建,1793年火災にあったが,のち松平不昧の援助により復原された。篷は舟の上をおおう(とま)のことで,孤篷は孤舟の意。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こほうあん【孤篷庵】

京都大徳寺塔頭(たつちゆう)の一つ。寛永年間(1624‐44)小堀遠州猶子の江雲宗竜を開祖として創立。創建時の建築は1793年(寛政5)焼亡し,まもなく松平不昧の援助で旧様どおりに再建された。本堂,書院,茶室は重文に指定され,ことに書院風茶室の忘筌席は名高い。またいま一つの茶室山雲床も,忘筌席同様遠州好みである。なお庭園は遠州好みではあるが,創建時の姿をとどめるかどうかは不明で,わずかに忘筌席の露地についてのみ,当時の指図に一致することが確認されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こほうあん【孤篷庵】

京都大徳寺境内にある塔頭たつちゆう。1612年、小堀遠州が竜光院内に建て、のち大徳寺に移したが1793年に焼失。現在のものは松平治郷はるさと(不昧ふまい)の再建。忘筌ぼうせん・山雲床の二茶室が有名である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の孤篷庵の言及

【小堀遠州】より

…江戸初期の茶人,遠州流の祖,また江戸幕府の奉行として建築,土木,造園を手がけた。名は政一,通称作介,号は孤篷庵。近江国小堀村(現,長浜市)に生まれる。…

【大徳寺】より

…伽藍の南にある竜源院の本堂(重要文化財)は大仙院本堂に次ぐ古さで,黄梅院の庫裏(1589,重要文化財)は年代の判明する禅宗塔頭庫裏では最古の遺構であり,また同時期の方丈(1588,重要文化財)とそろって残る例として珍しい。伽藍の西に所在する高桐(こうとう)院には《山水図》(南宋時代,国宝),竜光院には燿変天目茶碗(南宋時代,国宝),小堀遠州の設計になる四畳半台目茶室密庵(みつたん)(密庵席)をもった書院(江戸初期,国宝),孤篷(こほう)庵には古来より大名物として知られる井戸茶碗(銘喜左衛門。李朝時代,国宝),茶室忘筌(ぼうせん)(忘筌席。…

【忘筌席】より

…京都大徳寺の塔頭(たつちゆう)孤篷庵(こほうあん)の茶室。孤篷庵の建物は小堀遠州最晩年の作品であったが,1793年(寛政5)に焼失した。…

※「孤篷庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

孤篷庵の関連キーワード寄せ灯籠・寄灯籠・寄せ燈篭・寄燈篭小室藩(近江国)孤篷庵庭園虚堂智愚小堀政休小石元瑞松平治郷小石元俊日本庭園小堀宗明寰海宗唆江雲宗龍浅井

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android