応用情報技術者試験(読み)オウヨウジョウホウギジュツシャシケン

デジタル大辞泉の解説

おうようじょうほうぎじゅつしゃ‐しけん〔オウヨウジヤウホウギジユツシヤ‐〕【応用情報技術者試験】

情報処理に関する国家試験の一。独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施。同センターの試験におけるスキルレベル3に相当する。情報技術者としての応用的な知識や技能をもち、業務における戦略立案、または信頼性・生産性の高いシステムの構築を独力で行える能力を備えていることを認定する。主に数年の業務経験があるプログラマーや、システムエンジニアを対象とする。AP(Applied Information Technology Engineer Examination)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android