応用研究(読み)おうようけんきゅう(英語表記)applied research

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用研究
おうようけんきゅう
applied research

基礎的な技術や理論を現実の製品に結び付けるための研究活動。ここでは特定の開発目的に合致するように研究計画が立てられ,定められた期限予算の中で一定成果が上げられることが要求される。また,製品の生産に近い部分の研究であるだけに,工場隣接の研究所で行なうのが望ましいという議論もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐けんきゅう〔‐ケンキウ〕【応用研究】

特定の目標を定めて理論・概念の実用化の可能性を確かめたり、新たな応用方法を探索する研究。現実問題への有効性・有用性を重視する。→基礎研究

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応用研究の関連情報