コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用研究 おうようけんきゅうapplied research

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用研究
おうようけんきゅう
applied research

基礎的な技術や理論を現実の製品に結び付けるための研究活動。ここでは特定の開発目的に合致するように研究計画が立てられ,定められた期限予算の中で一定成果が上げられることが要求される。また,製品の生産に近い部分の研究であるだけに,工場隣接の研究所で行なうのが望ましいという議論もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐けんきゅう〔‐ケンキウ〕【応用研究】

特定の目標を定めて理論・概念の実用化の可能性を確かめたり、新たな応用方法を探索する研究。現実問題への有効性・有用性を重視する。→基礎研究

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

応用研究の関連キーワードハートリー(Douglas Rayner Hartree)エドウィン・ハーバート ランド発生・再生科学総合研究センターダグラス・R. ハートレー京都大学iPS細胞研究所量子科学技術研究開発機構職業能力開発総合大学校日本原子力研究開発機構対がん10か年総合戦略ニューロコンピュータバーチャルリアリティまつもとゆきひろ日本原子力研究所科学技術基本法川原田 政太郎アルマイト処理R and D理化学研究所世界気象機関クラパレード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応用研究の関連情報