コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用美術 おうようびじゅつapplied art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用美術
おうようびじゅつ
applied art

絵画,彫刻などの純粋美術もしくは自由美術に対して,実用性,有用性をふまえた美術のこと。工芸美術全般,装飾美術,現代のデザインなどをいう。また実用性を目的とする点で建築もこの分野に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐びじゅつ【応用美術】

芸術としての美術を日常生活に応用したもの。工芸美術・装飾美術・デザインなどをさし、広義には建築も含まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうようびじゅつ【応用美術】

絵画・彫刻などの技法を、実用品に応用する美術。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

応用美術の関連キーワードアレクサンドレ シャルパンティエピピロッティ リストスウェーデン美術シャルパンティエストゥディオベルヌ条約持永 只仁クーネルトウェストイッテン刺しゅう葉祥栄実用品ニシュ技法絵画

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

応用美術の関連情報