コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応用美術 おうようびじゅつapplied art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

応用美術
おうようびじゅつ
applied art

絵画,彫刻などの純粋美術もしくは自由美術に対して,実用性,有用性をふまえた美術のこと。工芸美術全般,装飾美術,現代のデザインなどをいう。また実用性を目的とする点で建築もこの分野に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐びじゅつ【応用美術】

芸術としての美術を日常生活に応用したもの。工芸美術・装飾美術・デザインなどをさし、広義には建築も含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうようびじゅつ【応用美術】

絵画・彫刻などの技法を、実用品に応用する美術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

応用美術の関連キーワードアレクサンドレ シャルパンティエピピロッティ リストシャルパンティエスウェーデン美術ストゥディオ持永 只仁ベルヌ条約クーネルトウェストイッテン刺しゅう葉祥栄実用品ニシュ技法絵画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android