コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠恵 ちゅうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忠恵 ちゅうえ

?-? 奈良時代の僧。
華厳(けごん)宗。良弁(ろうべん)の弟子。天平宝字(てんぴょうほうじ)3年(759)鑑真(がんじん)がつたえた法礪(ほうれい)の「四分律疏(しょ)」などを近江(おうみ)(滋賀県)で講じた。宝亀(ほうき)5年東大寺別当になる。名は忠慧ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

忠恵の関連キーワード杉本忠恵松平忠恕奈良時代恭愍王関帝廟小幡藩西玄甫姜保華厳蔡襄

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android