コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内臣 うちつおみ

4件 の用語解説(内臣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内臣
うちつおみ

大化改新の発足に際し,左大臣右大臣とともに新設され,中臣鎌足 (→藤原鎌足 ) が任じられた官。ただし,常置の官ではなく,その職掌は明らかでない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

内臣
ないしん

「内臣 (うちつおみ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内臣 うちのおみ

?-? 6世紀中ごろの武人。
名は不明。百済(くだら)(朝鮮)からの援軍要請をうけた天皇の命で,欽明(きんめい)天皇15年(554)1000人の兵をひきいて渡海し,新羅(しらぎ)(朝鮮)の要城の函山城(かむむれのさし)(忠清北道沃川)を陥落させた。有至臣ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ないしん【内臣】

古代国家の官職名。日本古代においては常設の官職ではなく,時の権力者に与えられた臨時の官で,任例は645年(大化1)の藤原鎌足,721年(養老5)の藤原房前(ふささき),771年(宝亀2)の藤原良継,778年の藤原魚名の4例のみである。令の制度に規定のない令外の官職で,制度上の職掌,地位,性格は未詳である。ただし,藤原良継の任命時に官位,禄賜職分雑物は大納言と同じとされ,食封1000戸(左右大臣と大納言の中間)と定められたことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内臣の関連キーワード近代国家古代国家俘囚職員録前官都出比呂志藤間生大直木孝次郎吉田晶《日本の古代国家》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone