念書(読み)ねんしょ

精選版 日本国語大辞典「念書」の解説

ねん‐しょ【念書】

〘名〙
書物を読むこと。読書。また、勉強。〔程子遺書‐端伯伝師説〕
② 取引や契約上の副次的な事項に関して後日証拠として、のために作成しておく文書
梅津政景日記‐慶長一九年(1614)七月一四日「右近殿・内膳殿より御念書有」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「念書」の解説

ねん‐しょ【念書】

後日の証拠として、念のために作成して相手に渡しておく文書。「念書を取り交わす」
[類語]証書証明書証文一札

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android