コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思ほす オボホス

デジタル大辞泉の解説

おぼほ・す【思ほす】

[動サ四]《「おもほす」の音変化か》「思う」の尊敬語。お思いになる。
「見も知らずをかしく―・して歩み入り給へど」〈とりかへばや・三〉

おもほ・す【思ほす】

[動サ四]《動詞「おもふ」の未然形に尊敬の助動詞「す」の付いた「おもはす」の音変化》「思う」の尊敬語。お思いになる。
「藤波の花は盛りになりにけり奈良の都を―・すや君」〈・三三〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぼほす【思ほす】

( 動四 )
〔「おもほす」の転〕
「思う」の尊敬語。お思いになる。おもほす。おぼす。 「飽かずあはれなるものに-・して/源氏 桐壺

おもおす【思ほす】

( 動四 )

おもほす【思ほす】

( 動四 )
〔「おもふ(思)」に尊敬の助動詞「す」の付いた「おもはす」の転〕
「思う」の尊敬語。
お思いになる。 「をそろと我あれを-・さむかも/万葉集 654
心の中の動きを表す動詞の上に付けて、その動作主への尊敬の意を加える。 「たえて-・し忘れなむ事も/源氏 夕顔

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思ほすの関連キーワード鏡王女(かがみのおおきみ)思ほし召すうたがたも掻き垂る真人言未然形計らうなもろ藤波夕顔フジ桐壺

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android