コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思う/想う/憶う/念う オモウ

デジタル大辞泉の解説

おも・う〔おもふ〕【思う/想う/憶う/念う】

[動ワ五(ハ四)]
ある物事について考えをもつ。考える。
㋐判断する。信じる。「これでよいと―・う」「そうは―・わない」「自分の―・ったとおりに行動しなさい」
㋑決心する。決意する。「新しく事業を始めようと―・う」「―・うところがあって酒を断つ」
㋒あやしむ。疑う。「変だと―・った」「そんなことがあるはずはないと―・っていた」
眼前にない物事について、心を働かせる。
㋐推量する。予想する。「この本はいくらだと―・うか」「―・わぬ事故」
㋑想像する。「―・ったほどおもしろくない」「夢にも―・わなかった」
㋒思い出す。追想する。回顧する。「亡き人を―・い悲しくなる」「あのころを―・えば隔世の感がある」
願う。希望する。「―・うようにいかない」「背が高くなりたいと―・う」
心にかける。心配する。気にする。「君のことを―・って忠告する」「このくらいの暑さは何とも―・わない」
慕う。愛する。恋する。「故郷を―・う」「心に―・う人」
ある感じを心にもつ。感じる。「別れは悲しいと―・う」「歓待されて心苦しく―・った」
表情に出す。そういう顔つきをする。
「もの悲しらに―・へりし我(あ)が子の刀自(とじ)を」〈・七二三〉
考える[用法]
[可能]おもえる
[下接句]蚊の食う程にも思わぬ人を思うは身を思う人を人とも思わない人を見たら泥棒と思え糸瓜(へちま)の皮とも思わない老驥(ろうき)千里を思う我と思う

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の思う/想う/憶う/念うの言及

【心】より

…当時はまだ〈なさけ〉という語は発生しておらず,知,情,意にわたる精神活動が総じて〈こころ〉と呼ばれたわけだが,なおそこに知,情,意を区別する意識もきざしつつあったとみられる。 〈こころ〉に深くかかわる語に,〈こころ〉のはたらきをいう〈思う〉がある。〈思う〉も〈こころ〉と同様に多面的な精神作用を包括する語だが,しばしば〈恋う〉と同義に用いられるように,情緒的な含意が強い。…

※「思う/想う/憶う/念う」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

思う/想う/憶う/念うの関連キーワードコギト・エルゴ・スム我思うが故に我在り手の内に丸め込む提灯で餅を搗く盛昌我意に任すむしゃくしゃ腹心の儘・心の侭気に食わない心気を燃やす讐敵・讎敵首を傾げるリグレット心に懸かる気が咎める癇に障る疑問点距離感哀れみ痛恨事母恋い

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android