コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普照 ふしょう

3件 の用語解説(普照の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普照
ふしょう

奈良時代の法相宗の僧。日本に戒壇がまだ整わないので,天平5 (733) 年勅を奉じ栄叡とともに入唐して,受戒したのち,楊州大明寺で鑑真に渡来を請うた。帰朝後は東大寺で律を講じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

普照 ふしょう

?-? 奈良時代の僧。
母は白猪(しらいの)与呂志の娘。天平(てんぴょう)5年(733)戒律の師をまねくため栄叡(えいえい)とともに唐(中国)にわたる。道璿(どうせん)に来日をすすめて日本におくり,天平勝宝5年(753)鑑真(がんじん)の来日を実現して帰国。東大寺に住し,天平宝字3年(759)旅人の便をはかるため路傍に果樹をうえるように上奏した。法名は業行とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ふしょう【普照】

8世紀の入唐留学僧。生没年不詳。もと興福寺の僧。帰国後,東大寺唐禅院に住し,晩年西大寺大鎮となる。業行とも称した。母は白猪(しらい)与呂志女。733年(天平5)4月の第9次遣唐使丹治比広成に従い,舎人親王の命をうけ,栄叡(ようえい)とともに入唐し,伝戒師の招請のため生死を賭して努力した。まず洛陽大福先寺で具足戒をうけ,道璿(どうせん)に日本への渡航を勧誘し,さらに栄叡とともに留学求法すること10年,742年に揚州大明寺に鑑真和上を訪ね,鑑真一行の渡航を懇願した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の普照の言及

【並木】より

…市街地の場合は街路樹と呼ばれる。
[日本]
 奈良時代の759年(天平宝字3)に東大寺の普照の奏状により五畿七道の駅路の両側に果樹を植えさせ,木陰を旅人の休息場とし,木の実を食料とさせる官符が出ているのが街道の並木の始まりとされ,平安時代にも引き続き果樹が植えられている。戦国時代末には織田信長が1575年(天正3)に東海道と東山道に松や柳を植樹させ,上杉謙信,前田利長,加藤清正らも領内の街道に諸木を植えさせて街道の整備を行っている。…

【留学】より

…仲麻呂はついに帰国できなかったが,真備らは大量の書籍や楽器などを持ち帰り,唐の文化の本格的な摂取の段階に入った。学問僧のなかには,733年(天平5)に入唐した栄叡(ようえい),普照(ふしよう)らのように鑑真の来日に尽力したものもあった。 平安時代になると,804年(延暦23)の遣唐使に最澄空海が随行し,彼らの学んできた天台や密教は,日本的な仏教が生まれてくる母体となった。…

※「普照」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

普照の関連キーワードピサ大聖堂ロンギノスヘロン生没年清元斎兵衛堅田喜惣治審詳辺鸞柳川一蝶斎山彦河良

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

普照の関連情報