コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性遵 しょうじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性遵 しょうじゅん

?-1371 鎌倉-南北朝時代の連歌師,武士。
建武(けんむ)の新政で引付衆,寺社奉行をつとめ,室町幕府の奉行人をへて政所(まんどころ)執事代となる。元応2年(1320)の鎌倉花下(はなのもと)一日一万句の会や暦応(りゃくおう)4=興国2年(1341)の救済(ぐさい)家百韻の会に出席。「菟玖波(つくば)集」に28句がのっている。応安4=建徳2年8月1日死去。姓は安威(あい)。通称は左衛門入道。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

性遵の関連キーワードスチュアート朝後円融天皇巨勢行忠後円融天皇スチュアート朝ネマニッチ朝覚一後円融天皇後光厳天皇少弐頼尚

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

性遵の関連情報