コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怨親平等 おんしんびょうどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

怨親平等
おんしんびょうどう

仏教用語。怨敵と親しい者とを平等にみるという意味。仏教の根本精神は大慈悲であるから,にくい敵であるからといって憎むべきではないし,また親しい者であるからといって特に執着すべきではなく,平等にいつくしみ憐れむべきことをいう。日本では戦いの終ったあと,敵味方区別なく戦死者の供養塔を建立したという例があるが,これはこの精神の現れとみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

怨親平等の関連キーワード円覚寺(神奈川県)藤沢敵御方供養塔

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android