コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恋愛三昧 れんあいざんまいLiebelei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恋愛三昧
れんあいざんまい
Liebelei

オーストリアの劇作家,小説家 A.シュニッツラーの悲劇。3幕。 1895年初演。永遠の愛など信じない懐疑的な青年に対する,可憐なウィーン娘の悲恋を美しく描く。初演は稀有な大成功を収め,作者は一躍「若きウィーン」派の代表者の一人となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恋愛三昧
れんあいざんまい
Liebelei

オーストリアの小説家・劇作家A・シュニッツラーの初期の印象主義的三幕戯曲。1895年発表。貧しく純情な娘クリスチーネと、その恋人で人妻との関係も続けている不実な青年フリッツとの愛の破局を描いた悲劇。出世作『アナトール』で定式化された「気軽なふさぎ屋」「可憐(かれん)なおぼこ娘」「社交婦人」という3人の人物類型の間に繰り広げられる、ウィーンを舞台にした一連の愛欲物の一つである。筋立てだけからみると若者たちの軽率な恋愛を批判した作品のようにもみえるが、作者の意図したところはむしろその逆で、世評や結末を恐れずに自己の愛に忠実に生きるクリスチーネの生き方を肯定している。[井上修一]
『森鴎外訳『戀愛三昧』(『鴎外全集 第10巻』1972・岩波書店) ▽番匠谷英一訳『恋愛三昧』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

恋愛三昧の関連キーワードA. シュニッツラーシュニツラーオーストリア武田 正憲

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android