コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒屋盛服 つねや せいふく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒屋盛服 つねや-せいふく

1855-1909 明治時代の国家主義者。
安政2年生まれ。日清戦争が勃発すると亡命中の朴泳孝(パク-ヨンホ)とともに朝鮮にわたり,朝鮮の内政改革に関与した。東亜同文会幹事をつとめ,頭山満(とうやま-みつる)らと国民同盟会を組織し,日露開戦をとなえた。明治42年7月19日死去。55歳。陸奥(むつ)白河郡(福島県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恒屋盛服の関連キーワード国家主義者明治時代

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android