コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒川泰蔵 つねかわ たいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒川泰蔵 つねかわ-たいぞう

1786-1845 江戸時代後期の儒者。
天明6年生まれ。越中富山藩士。佐伯順蔵,大野拙斎(せつさい),のち京都の仁科白谷(にしな-はくこく)に師事。市河米庵(べいあん)に書もまなぶ。文政11年藩校広徳館教授となる。弘化(こうか)2年7月死去。60歳。名は済。字(あざな)は君楫。号は樸巌。没後に「樸巌(ぼくがん)遺稿」が刊行された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恒川泰蔵の関連キーワード三浦梅園田沼時代マルクス経済学徳川家治フリードリヒ徳川家治コーンウォリス砦フリードリヒ大王英仏通商条約シェイズの反乱

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone