コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒川泰蔵 つねかわ たいぞう

1件 の用語解説(恒川泰蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒川泰蔵 つねかわ-たいぞう

1786-1845 江戸時代後期の儒者。
天明6年生まれ。越中富山藩士。佐伯順蔵,大野拙斎(せつさい),のち京都の仁科白谷(にしな-はくこく)に師事。市河米庵(べいあん)に書もまなぶ。文政11年藩校広徳館教授となる。弘化(こうか)2年7月死去。60歳。名は済。字(あざな)は君楫。号は樸巌。没後に「樸巌(ぼくがん)遺稿」が刊行された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

恒川泰蔵の関連キーワード新井静斎新井稲亭伊藤板渓井上毅斎五井鶴城後藤厚甫佐藤東斎菅新菴牧東渚門司東里

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone