コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒河沙 ごうがしゃGanˈgā-nadī-vālukā

3件 の用語解説(恒河沙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒河沙
ごうがしゃ
Ganˈgā-nadī-vālukā

恒辺沙,恒水辺流沙などとも訳され,恒沙,江沙と略して用いられることもある。ガンジス川の砂という意味で,仏教の経典中に,「数えきれないほど多い」ということのたとえとして,たびたび用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごうがしゃ【恒河沙】

恒河にある砂の数。数のきわめて多いたとえ。恒沙ごうじや。 「物の命をたつこと-のごとし/曽我 11
数の単位。すなわち10の52乗。一説に、10の56乗。 〔塵劫記〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恒河沙の関連情報