コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒河沙 ごうがしゃ Ganˈgā-nadī-vālukā

3件 の用語解説(恒河沙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恒河沙
ごうがしゃ
Ganˈgā-nadī-vālukā

恒辺沙,恒水辺流沙などとも訳され,恒沙,江沙と略して用いられることもある。ガンジス川の砂という意味で,仏教の経典中に,「数えきれないほど多い」ということのたとえとして,たびたび用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごうが‐しゃ【恒河沙】

ガンジス川の砂の意》
数量が無数であることのたとえ。
数の単位。10の52乗。一説に10の56乗。→位(くらい)[表]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごうがしゃ【恒河沙】

恒河にある砂の数。数のきわめて多いたとえ。恒沙ごうじや。 「物の命をたつこと-のごとし/曽我 11
数の単位。すなわち10の52乗。一説に、10の56乗。 〔塵劫記〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恒河沙の関連キーワード準星恒心常・恒毎春恒寂恒性法親王清閑院恒遠頼母常磐井宮

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恒河沙の関連情報