コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情性 ジョウセイ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐せい〔ジヤウ‐〕【情性】

人情と性質。性情。心。
感情の働き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうせい【情性】

感情と生まれつきの性質。また、こころ。性情。 「過敏の-を錬り/基督信徒の慰 鑑三

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

情性の関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調「ワルトシュタイン」/piano soloプロコフィエフ(Aleksandr Andreevich Prokof'ev)イーヴァル・アクセル・ヘンリック アロセニウスフレミング(Paul Fleming)セバスティアーノ・デル・ピオンボミハイル イサコーフスキーウィリアム アイリッシュペリクレ ファッツィーニエドゥアルド マルキーナエドゥワール ゴエルグベルナルダ・アルバの家マクシミリアン リュスベレス・デ・ゲバーララージー ポゴージンM. エルナンデスプリュドム シュリ歌川広重(3代)イン・メモリアム新古典主義音楽クール・ジャズ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android