性悪(読み)しょうわる

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐わる シャウ‥【性悪】

〘名〙 (形動)
① 性格や性質が悪いこと。また、そのさまやその人。
※評判記・色道大鏡(1678)五「性(シャウ)わるの持病には、かかる事をきくもうるさく」
② 好色であること。浮気であること。また、そのさまやその人。
※浮世草子・好色一代女(1686)三「其聟目なんともならぬ性悪(シャウワル)、すゑずゑの女迄只をかねば」

せい‐あく【性悪】

〘名〙 (「荀子‐性悪」の「人之性悪、其善者偽也」によることば) 人間のもって生まれた性は悪であるということ。⇔性善
※壒嚢抄(1445‐46)七「されば孟子は性善を立て、荀子は性悪を立。楊子此両義を和して、人の性は善悪混」

しょう‐あく シャウ‥【性悪】

〘名〙 (「しょう」は「性」の呉音) ⇒せいあく(性悪)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せい‐あく【性悪】

人間の生まれつきの性質であるということ。

しょう‐わる〔シヤウ‐〕【性悪】

[名・形動]
性質の悪いこと。また、そのさまや、その人。「性悪な人間」「性悪な病気」
浮気であること。また、そのさまや、その人。
「ことさら旦那は―」〈浮・一代女・三〉

しょう‐あく〔シヤウ‐〕【性悪】

せいあく(性悪)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android