性悪(読み)しょうわる

精選版 日本国語大辞典「性悪」の解説

しょう‐わる シャウ‥【性悪】

〘名〙 (形動)
格や性質が悪いこと。また、そのさまやその人。
※評判記・色道大鏡(1678)五「性(シャウ)わるの持病には、かかる事をきくもうるさく」
② 好色であること。浮気であること。また、そのさまやその人。
※浮世草子・好色一代女(1686)三「其聟目なんともならぬ性悪(シャウワル)、すゑずゑの女迄只をかねば」

せい‐あく【性悪】

〘名〙 (「荀子‐性悪」の「人之性悪、其善者偽也」によることば) 人間のもって生まれた性は悪であるということ。⇔性善
※壒嚢抄(1445‐46)七「されば孟子は性善を立て、荀子は性悪を立。楊子此両義を和して、人の性は善悪混」

しょう‐あく シャウ‥【性悪】

〘名〙 (「しょう」は「性」の呉音) ⇒せいあく(性悪)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「性悪」の解説

しょう‐わる〔シヤウ‐〕【性悪】

[名・形動]
性質の悪いこと。また、そのさまや、その人。「性悪な人間」「性悪な病気」
浮気であること。また、そのさまや、その人。
「ことさら旦那は―」〈浮・一代女・三〉
[類語]奸悪邪悪奸佞陰険悪辣悪性俗悪凶悪極悪悪い罪悪悪徳背徳悪行悪事悪逆巨悪諸悪暴悪卑劣陋劣ろうれつ狡猾こうかつよこしまさがない腹黒い腹汚い悪賢いずる賢い小賢しいずるいこすいこすっからいあくどいさかしいさかしら老獪

せい‐あく【性悪】

人間の生まれつきの性質は悪であるということ。

しょう‐あく〔シヤウ‐〕【性悪】

せいあく(性悪)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android