コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性悪 ショウアク

デジタル大辞泉の解説

しょう‐あく〔シヤウ‐〕【性悪】

せいあく(性悪)

しょう‐わる〔シヤウ‐〕【性悪】

[名・形動]
性質の悪いこと。また、そのさまや、その人。「性悪な人間」「性悪な病気」
浮気であること。また、そのさまや、その人。
「ことさら旦那は―」〈浮・一代女・三〉

せい‐あく【性悪】

人間の生まれつきの性質であるということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうわる【性悪】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
性質のわるい・こと(さま)。また、その人。 「 -な子」
浮気である・こと(さま)。浮気な人にもいう。 「其の聟め、なんともならぬ-/浮世草子・一代女 3

せいあく【性悪】

人の本性が悪であること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

性悪の関連キーワードよんでますよ、アザゼルさん。ジェルミニーラセルトゥー人性論(中国思想)放射線治療学悪性リンパ腫神経芽細胞腫ロード・ジム制吒迦童子かちかち山菌状息肉症ヘパトーマずだい坊揚子法言さがな者XY理論浮世草子膵臓がん小田穀山『荀子』やまだ紫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

性悪の関連情報