コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惣百姓 そうびゃくしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

惣百姓
そうびゃくしょう

(1) 室町時代,農村で自衛上自治団体を形成したが,中掟,地下 (じげ) 掟など惣 (→郷村制 ) の制定した規定に服属する一般農民を惣百姓といった。規定に違反した者は地下破門の処置にあい,惣から出された。 (2) 江戸時代本百姓の別称。秀吉の全国統一化の進行とともに,兵農分離が強力に推し進められ,太閤検地の結果,士農工商の身分制度が確立された。このように年貢夫役を負担する階層として惣百姓は,幕藩体制のなかに組込まれ,明治維新にいたるまで封建的な制限と束縛を受けた。 (→百姓 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐びゃくしょう〔‐ビヤクシヤウ〕【×惣百姓】

室町時代、に属する農民。
江戸時代、本百姓のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そうびゃくしょう【惣百姓】

室町時代、惣を構成する百姓。
江戸時代、本百姓のこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の惣百姓の言及

【百姓一揆】より

…1637(寛永14),38年の島原・天草一揆(島原の乱)は,武力一揆と逃散の二つに分離していた農民闘争が次の本来的な一揆的結集へ転換していく分水嶺の位置にある。
[惣百姓強訴]
 居村内でのねばりづよい小農自立闘争と領主の小農維持政策によって近世農村が成立してくると,小農民が惣百姓として村役人を通じて領主と向かいあうことになった。兵農分離はいっそう貫徹し,武器は百姓の手から奪われて武力一揆は終わった。…

※「惣百姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

惣百姓の関連キーワード島原・天草一揆因伯民乱太平記那谷寺通夜物語武左衛門一揆惣百姓一揆上田藩一揆枚田弥兵衛鬼北(町)間宮新五郎高橋孫兵衛山中一揆因伯一揆広域闘争土豪一揆信達騒動万石騒動百姓一揆村請制上山藩軍役衆

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android