コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意識心理学 いしきしんりがくconsciousness psychology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

意識心理学
いしきしんりがく
consciousness psychology

意識される事実だけを対象とする心理学の総称。 19世紀中葉,実体としての心の存在が否定され,「心なき心理学」として,直接に経験される意識を心理学の対象とすべきことが強調され,その方法として内観法 (→内観 ) がとられた。イギリスの連合心理学 (→連合 ) ,W.ブントや E.B.ティチェナー構成心理学はその代表的なもので,いずれも意識内容をその要素から説明しようとした。意識の働きを強調した F.ブレンターノ作用心理学も,意識を対象とする意味でこれに属する。 20世紀になると,「意識なき心理学」すなわち行動心理学がこれに代って展開した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

意識心理学の関連キーワードワトソン(John Broadus Watson)客観的心理学深層心理学思考心理学発達課題潜在意識行動主義フロイト無意識注意

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android