コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛洲惟孝 あいす いこう

1件 の用語解説(愛洲惟孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愛洲惟孝 あいす-いこう

1452-1538 室町-戦国時代の剣術家。
享徳元年生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の人。諸国を遍歴したのち,日向(ひゅうが)(宮崎県)の鵜戸権現(うどごんげん)で神託を得,陰流(影流)(かげりゅう)をひらいた。天文(てんぶん)7年死去。87歳。名は久忠。通称は太郎左衛門。号は移香ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の愛洲惟孝の言及

【愛洲移香】より

…剣術流派愛洲陰(かげ)流(単に陰流とも)の祖。名は久忠,日向守また惟孝ともいう。伊勢(一説に日向)の豪族の子孫。刀法の修行で各地を回り,36歳のとき日向鵜戸の岩屋に参籠して神託を得,陰の流を開いたと伝えられる。また移香は水軍と関係があり,明国にも渡航したらしく,明の武術書《武備志》に陰流目録の一部,猿によって刀法を示した図が載っている。陰流は上泉秀綱に伝わり,新陰流として確立され発展した。【中林 信二】…

※「愛洲惟孝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

愛洲惟孝の関連キーワード木幡雅遠新陰流関ヶ原の雨/人間の剣 戦国編2荒井治部少輔方波見備前守昌地富田景政富田九郎左衛門前原筑前守楊富

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone