感恩寺址(読み)かんおんじし(英語表記)Kamunsa‐ji

世界大百科事典 第2版の解説

かんおんじし【感恩寺址 Kamunsa‐ji】

韓国,慶尚北道月城郡陽北面竜堂里にある統一新羅時代の寺院址慶州市から山をへだてた東海岸の海中に文武王の陵と伝える大王岩があり,その西北山麓に文武王の冥福を祈る寺と伝える感恩寺があった。早くから3層の石塔の双塔があることが知られていたが,1959年の韓国国立博物館の発掘と西塔の修理によって,薬師寺式伽藍配置であることがわかり,西塔の第3層塔身軸部上面の長方形舎利孔より統一新羅時代の舎利荘厳具が発見された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の感恩寺址の言及

【感恩寺址】より

…韓国,慶尚北道月城郡陽北面竜堂里にある統一新羅時代の寺院址。慶州市から山をへだてた東海岸の海中に文武王の陵と伝える大王岩があり,その西北山麓に文武王の冥福を祈る寺と伝える感恩寺があった。早くから3層の石塔の双塔があることが知られていたが,1959年の韓国国立博物館の発掘と西塔の修理によって,薬師寺式伽藍配置であることがわかり,西塔の第3層塔身軸部上面の長方形の舎利孔より統一新羅時代の舎利荘厳具が発見された。…

※「感恩寺址」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android