コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性乳腺炎 まんせいにゅうせんえんChronic Mastitis

家庭医学館の解説

まんせいにゅうせんえん【慢性乳腺炎 Chronic Mastitis】

[どんな病気か]
 乳腺の慢性的な炎症で、授乳に関連しておこる慢性授乳性乳腺炎と、授乳に関係なくおこる慢性乳腺炎があります。
■慢性授乳性乳腺炎(まんせいじゅにゅうせいにゅうせんえん)
 授乳期の急性化膿性乳腺炎(きゅうせいかのうせいにゅうせんえん)(「急性化膿性乳腺炎」)が、不適切な治療によって治りきらずに慢性化したものです。授乳後、長期にわたっておこることがあります。
 乳房が赤く腫(は)れて大きくなり、熱をもったり、しこりを触れることがありますが、急性化膿性乳腺炎よりも症状が軽いのがふつうです。
 治療としては、膿瘍(のうよう)があれば切開(せっかい)して排膿(はいのう)します。しこりがあれば摘出手術が必要です。
■授乳と関係ない慢性乳腺炎
 閉経前後にみられるもので、乳房全体や一部にしこりを触れますが、圧痛や発赤(ほっせき)などの炎症症状はありません。
 乳腺の炎症により乳房の皮膚にひきつれやへこみができたり、わきの下のリンパ節が腫れることもあります。
 とくに治療を必要としませんが、乳がんとの鑑別がむずかしいことがあるので、一度は外科の乳腺専門の医師の診察を受ける必要があります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

慢性乳腺炎の関連キーワード乳管拡張症乳腺症

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android