コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性化膿性乳腺炎 きゅうせいかのうせいにゅうせんえん Acute Purulent Mastitis

1件 の用語解説(急性化膿性乳腺炎の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きゅうせいかのうせいにゅうせんえん【急性化膿性乳腺炎 Acute Purulent Mastitis】

[どんな病気か]
 乳房内(にゅうぼうない)に細菌が感染することによっておこる病気です。多くの場合、産褥(さんじょく)(お産のあと)の2~3週間後に発症します。
 うっ滞性乳腺炎(たいせいにゅうせんえん)(「急性うっ滞性乳腺炎」)が誘因(ゆういん)となり、化膿菌が乳管口(にゅうかんこう)から乳管に侵入して乳管炎(にゅうかんえん)をおこし、それが進行すると乳腺におよんで、実質性乳腺炎(じっしつせいにゅうせんえん)になります。乳頭の亀裂(きれつ)や表皮剥脱(ひょうひはくだつ)、かみ傷などの小さな傷から細菌が侵入し、リンパ液の流れにのって乳房に感染した場合は、間質性乳腺炎(かんしつせいにゅうせんえん)になります。どちらも感染が長期化すると、膿(うみ)がたまり膿瘍(のうよう)ができてきます(図「乳腺の腫瘍の発生部位」)。
 原因菌は、黄色(おうしょく)ブドウ球菌がもっとも多く、ついでレンサ球菌ですが、ときには大腸菌(だいちょうきん)、緑膿菌(りょくのうきん)、肺炎双球菌(はいえんそうきゅうきん)などのこともあります。また近年、原因菌がMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)であったとの報告もありますので、とくに注意が必要です。
[症状]
 突然の悪寒(おかん)・震えをともなう、38℃以上の高熱が出ます。乳房は赤くなって、大きく腫(は)れます。乳房の内側は痛みと熱が著しく、押すと痛いしこりを触れます。さらに、わきの下にあるリンパ節が腫れて痛むこともよくあります。
 膿瘍が皮下に近いところにできると、その部分の皮膚は光沢をおびて暗紫色となり、触るとやわらかく波動を感じます(水のはいった袋を触れるような感じ)。また、血液の血球検査をすると、白血球(はっけっきゅう)の増加がみられます。
 このような症状に気づいたら、外科もしくはお産をした産婦人科を、すぐに受診しましょう。
[治療]
 炎症が初期であれば、授乳を中止し、乳汁(にゅうじゅう)うっ滞に対しては搾乳器(さくにゅうき)を使用して搾乳し、局所の安静のために提乳帯(ていにゅうたい)を使用して、乳房を氷のうなどで冷やします。全身的には、抗生物質や消炎剤を内服します。膿瘍ができているときは、膿瘍部の皮膚を切開して排膿(はいのう)します。
[予防]
 授乳の際には、手指をよく洗い、乳頭(にゅうとう)、乳輪(にゅうりん)を清潔に保つことがたいせつです。ほとんどの場合、うっ滞性乳腺炎が誘因になるので、乳汁がたまらないように、マッサージなど手入れをしましょう。乳頭の亀裂、表皮剥離からも感染しますので、早く手当をしておきます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

急性化膿性乳腺炎の関連キーワード乳房雲乳房乳棒房内ぼうぼう加速乳房部分照射法乳房温存手術乳房炎 (mammitis, mastitis)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone