コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性膿皮症 まんせいのうひしょうChronic Pyoderma

1件 の用語解説(慢性膿皮症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいのうひしょう【慢性膿皮症 Chronic Pyoderma】

[どんな病気か]
 多くの場合、毛孔(もうこう)が閉塞(へいそく)して袋状になり、その中に袋の壁でつくられた物質がたまり、だんだん大きくなります。袋の中味が皮膚に漏(も)れ出すと、その内容物に対する炎症反応がおこり、さらに内容物にまじっていた細菌による感染が加わって膿汁(のうじゅう)がたまり、赤みのある半球状の隆起ができます。赤みの程度はさまざまで、自覚症状は1つだけのことも、たくさん出ることもあります。
 頭、わきの下、臀部(でんぶ)、股部(こぶ)などができやすいところです。
[治療]
 抗生物質の内服を行ない、小さくなったら手術療法を併用することもあります。
 薬物療法だけでは治療のむずかしい病気です。感染粉瘤(かんせんふんりゅう)のように1つだけの場合には、小さくなったところで手術します。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone