コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性膿皮症 まんせいのうひしょう Chronic Pyoderma

1件 の用語解説(慢性膿皮症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいのうひしょう【慢性膿皮症 Chronic Pyoderma】

[どんな病気か]
 多くの場合、毛孔(もうこう)が閉塞(へいそく)して袋状になり、その中に袋の壁でつくられた物質がたまり、だんだん大きくなります。袋の中味が皮膚に漏(も)れ出すと、その内容物に対する炎症反応がおこり、さらに内容物にまじっていた細菌による感染が加わって膿汁(のうじゅう)がたまり、赤みのある半球状の隆起ができます。赤みの程度はさまざまで、自覚症状は1つだけのことも、たくさん出ることもあります。
 頭、わきの下、臀部(でんぶ)、股部(こぶ)などができやすいところです。
[治療]
 抗生物質の内服を行ない、小さくなったら手術療法を併用することもあります。
 薬物療法だけでは治療のむずかしい病気です。感染粉瘤(かんせんふんりゅう)のように1つだけの場合には、小さくなったところで手術します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

慢性膿皮症の関連キーワード黒内障ブルドン管何心地何なり不死身プリマドンナ万病病は気からどんどん橋炒り卵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone