コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶光院周清 けいこういん・しゅせい

1件 の用語解説(慶光院周清の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

慶光院周清

没年:慶安1.9.2(1648.10.18)
生年:生年不詳
江戸前期の尼。伊勢上人といわれた伊勢慶光院第5代院主。伊勢内外宮の正遷宮を果たした4代周養上人の姪で,上人を助けて功があった。江戸幕府春日局の信任が厚かった。豊臣秀頼の怨霊に悩まされる千姫の依頼で,怨霊鎮めの祈祷を行っている。その願文をみると,秀頼や母淀殿の信頼も得ていたらしい。東福門院和子の帰依もあって,京都に邸宅を貰っている。寺領ももとの100石から400石余に増やした。八十余歳で没。墓は伊勢市宇治浦田町の慶光院墓地にある。<参考文献>桑田忠親「周清上人の願文と其由来」(『歴史地理』57巻5号)

(脇田晴子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶光院周清の関連キーワード万無上人伊勢縞伊勢島節伊勢の御師伊勢間伊勢流慶光院守悦尼慶光院周清尼慶光院周養尼慶光院清順尼

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone