コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶光院周清 けいこういん・しゅせい

朝日日本歴史人物事典の解説

慶光院周清

没年:慶安1.9.2(1648.10.18)
生年:生年不詳
江戸前期の尼。伊勢上人といわれた伊勢慶光院第5代院主。伊勢内外宮の正遷宮を果たした4代周養上人の姪で,上人を助けて功があった。江戸幕府や春日局の信任が厚かった。豊臣秀頼の怨霊に悩まされる千姫の依頼で,怨霊鎮めの祈祷を行っている。その願文をみると,秀頼や母淀殿の信頼も得ていたらしい。東福門院和子の帰依もあって,京都に邸宅を貰っている。寺領ももとの100石から400石余に増やした。八十余歳で没。墓は伊勢市宇治浦田町の慶光院墓地にある。<参考文献>桑田忠親「周清上人の願文と其由来」(『歴史地理』57巻5号)

(脇田晴子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

慶光院周清の関連キーワード桑田忠親周清尼

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android