コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶暹 けいせん

2件 の用語解説(慶暹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶暹 けいせん

993-1064 平安時代中期の僧,歌人。
正暦(しょうりゃく)4年生まれ。大中臣輔親(おおなかとみの-すけちか)の養子。天台宗。近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の明尊(みょうそん),明肇(みょうちょう)にまなぶ。康平2年権(ごんの)律師。歌は「後拾遺和歌集」などに収録されている。康平7年4月24日死去。72歳。号は百光房。法名は「きょうせん」ともよむ。

慶暹 きょうせん

けいせん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

慶暹の関連キーワード円快素意永覚義清尋空増基(1)源基平陽生良暹(1)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone