コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大中臣輔親 おおなかとみの すけちか

4件 の用語解説(大中臣輔親の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大中臣輔親 おおなかとみの-すけちか

954-1038 平安時代中期の公卿(くぎょう),歌人。
天暦(てんりゃく)8年生まれ。大中臣能宣(よしのぶ)の子。伊勢大輔(いせのたいふ)の父。長保3年伊勢神宮祭主,のち神祇伯となる。正三位。中古三十六歌仙ひとりで「拾遺和歌集」などの勅撰(ちょくせん)集に31首がはいっている。長暦(ちょうりゃく)2年6月22日死去。85歳。字(あざな)は中槐。家集に「祭主輔親卿集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大中臣輔親

没年:長暦2.6.22(1038.7.26)
生年:天暦8(954)
平安時代の神祇官人,歌人。中古三十六歌仙のひとり。能宣と越後守藤原清兼の娘との子。伊勢大輔の父。長保3(1001)年2月伊勢神宮祭主となり,神祇権大副,神祇大副を経て,神祇伯正三位に至る。三条,後一条,後朱雀天皇の3代にわたり大嘗会和歌を詠進するなど,皇室,貴顕の信望を得て,後拾遺集時代の代表的歌人として活躍した。家集に『輔親卿集』(没後,子女の手によって編まれた他選家集)があり,『拾遺集』以下の勅撰集に31首入集。<参考文献>保坂都『大中臣家の歌人群』

(浅見緑)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおなかとみのすけちか【大中臣輔親】

954‐1038(天暦8‐長暦2)
平安中期の歌人。祭主神祇大副能宣(よしのぶ)の長男。伊勢大輔(いせのたいふ)の父。文章生,勘解由判官を経て祭主正三位神祇伯にいたる。神事の家に生まれて公卿となり,祖父頼基,父能宣につづく重代の歌人という出自や経歴から宮中や摂関家の歌壇で重用され,三条・後一条・後朱雀各朝の大嘗祭に風俗(ふぞく)歌や屛風歌を献じ,関白頼通の《賀陽院(かやのいん)水閣歌合》には判者をつとめた。《拾遺集》以後の勅撰集に31首入集。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大中臣輔親
おおなかとみのすけちか
(954―1038)

平安中期の宮廷歌人。能宣(よしのぶ)の男、伊勢大輔(いせのたいふ)の父。祭主、神祇伯(じんぎはく)となる。10世紀末の三代集(さんだいしゅう)歌風完成期に能宣の薫陶を受けて歌人となり、初め藤原朝光(閑院左大将)に近侍したが、やがて道長・頼通(よりみち)に神祇官としての才腕を買われて正三位(しょうさんみ)神祇伯に至り、歌会、屏風歌(びょうぶうた)、大嘗会(だいじょうえ)歌などの応召歌人としても重用された。1035年(長元8)「賀陽院水閣歌合(かやのいんすいかくうたあわせ)」の判者。長暦(ちょうりゃく)2年6月24日卒。85歳。若いころの佳詠に「足曳(あしひき)の山ほととぎす里なれてたそがれ時の名のりすらしも」(拾遺集)があり、勅撰入集(ちょくせんにっしゅう)歌31首、家集『輔親集』は子女の選。[後藤祥子]
『保坂都著『大中臣家の歌人群』(1972・武蔵野書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大中臣輔親の関連キーワード北陸新幹線康平長暦天暦昭平入道親王碓氷貞光平棟仲平随時源政長隆禅

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone