コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憂え/愁え/患え ウレエ

デジタル大辞泉の解説

うれえ〔うれへ〕【憂え/愁え/患え】

うれい1」に同じ。「子を思う母の―」
うれい2」に同じ。「―を忘れる」
嘆き悲しんで訴え出ること。愁訴(しゅうそ)。嘆願。
「かの―をしたる匠(たくみ)をば、かぐや姫呼び据ゑて」〈竹取
喪に服すること。喪。
「まことの病及びておやの―に非ず」〈天武紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

憂え/愁え/患えの関連キーワード天下の憂いに先だちて憂え天下の楽しみに後れて楽しむフランツ・フェルディナント核廃絶をめぐる各国の立場上野公園とボードワン博士アドルフ・E. ペレス吉田 追風(23代目)備え有れば患い無し安藤広重(四代)美味しんぼと福島美味しんぼ問題明治文化研究会愁えを掃う玉帚高山彦九郎思案に沈む負薪の憂え富岡製糸場源流茶話沼波瓊音栗山大膳承け引く

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android