コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

憲章77 けんしょうななじゅうなな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

憲章77
けんしょうななじゅうなな

1977年1月1日にチェコスロバキアの改革派が人権回復を求めて発表した宣言。同国では 68年に改革の動きが開花したが,ソ連などの軍事介入後改革派は職を追われ沈黙させられた。 77年6月にヘルシンキ宣言の再検討会議がベオグラードで開かれるのに合せて,元外相 J.ハーエク,哲学者 J.パトチカらチェコスロバキアの改革派 257人 (のちに 500人をこえた) は憲章 77を発表。人権尊重をうたったヘルシンキ宣言や人権条約を引用し,「わが国では人権や市民的自由が著しく侵され,政府が署名しているこれらの文書や条約は単なる紙切れになっている」と主張した。当局は憲章署名者を反共シオニスト・センターの手先ときめつけ,圧力を加えたが,フランス,イタリア,スペイン,イギリスなどの西欧共産党は憲章を支持し,ポーランドハンガリー,ソ連,ブルガリアでも憲章に同調する動きが現れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

憲章77の関連キーワードヴァーツラフ ハヴェル人間の顔をした社会主義マルタ クビショヴァJ. サイフェルト市民フォーラムJ. ハーエク対抗エリートパトチュカタタルカハベル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android