懐春(読み)カイシュン

デジタル大辞泉の解説

かい‐しゅん〔クワイ‐〕【懐春】

《古代、中国では婚姻の時期を仲春(陰暦2月)に定めていたところから》年ごろになって春情を抱くこと。異性を思うようになること。特に、女子にいう。
「―の年紀(としごろ)なるも、家訓甚だ、厳正なるが故に」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしゅん【懐春】

年頃になって春情を抱くこと。色気づくこと。特に、女子にいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android