懲り懲り(読み)コリゴリ

デジタル大辞泉 「懲り懲り」の意味・読み・例文・類語

こり‐ごり【懲り懲り】

《古くは「こりこり」とも》
[形動]すっかり懲りて嫌になるさま。「こんな仕事はもう懲り懲りだ」「二日酔いはもう懲り懲りだ」
[副](スル)多く「こりごりする」の形で)ひどく懲りて二度としたくないさま。「不便な所で一度行っただけで懲り懲りした」
[類語]うんざりげんなり飽き飽き飽きる倦む倦怠食傷退屈鼻に付く辟易閉口まっぴら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android