辟易(読み)ヘキエキ

  • ×辟易

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《道をあけて場所をかえる意から》
ひどく迷惑して、うんざりすること。嫌気がさすこと。閉口すること。「彼のわがままには辟易する」「毎日同じ料理ばかりで辟易する」
相手の勢いに圧倒されてしりごみすること。たじろぐこと。
「敵一万余騎、其の勢ひに―して」〈太平記・一四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (路を辟(さ)けて所を易(か)えるの意) 相手をおそれ、みちをあけて立ちのくこと。おそれて逃げ去ること。
※明衡往来(11C中か)上本「人馬倶以辟易。爰知其力不敵也」
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉四「其の徐に山を度るも百獣皆辟易し」 〔史記‐項羽本紀〕
② 勢いにおされて、たじろぐこと。しりごみすること。
※太平記(14C後)八「山徒是を見て、其勢にや辟易(ヘキエキ)しけん」 〔旧五代史‐李存孝伝〕
③ 対応のしようがなくて困ること。手がつけられずいやになること。うんざりすること。閉口すること。
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)五「はだかにされてはたまらぬと、大きにへきゑきし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辟易の関連情報