倦む(読み)アグム

デジタル大辞泉の解説

あぐ・む【×倦む】

[動マ五(四)]その事をしつづけてもよい結果が出ないので、どうしたらよいかほとほと困る。また、いやになる。もてあます。あぐねる。
「アノ人ノ長話ニハ―・ンダ」〈和英語林集成
[補説]現代では「考えあぐむ」「攻めあぐむ」など動詞連用形に付けて用いる。

う・む【×倦む】

[動マ五(四)]
退屈する。嫌になる。飽きる。「―・むことなく励む」
疲れる。くたびれる。
「宵張りすれば明日は身体が―・んで働かるるものではない」〈露伴・いさなとり〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あぐむ【倦む】

( 動五[四] )
物事に行きづまって、どうにもしようがなくなる。また、もてあます。あぐねる。現代では動詞の連用形の下に付いて用いられることが多い。 「攻め-・む」 「考え-・む」 「神曲の大いなる二巻には、我ほと〱-・みしが/即興詩人 鷗外

うむ【倦む】

( 動五[四] )
同じ状態が長く続いていやになる。あきる。 「仕事に-・む」 「学問ニ-・ムコトナカレ/日葡」 〔中古には主に漢文訓読に用いられた〕
[句項目] 倦まず弛まず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android