コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閉口 ヘイコウ

デジタル大辞泉の解説

へい‐こう【閉口】

[名・形動](スル)
手に負えなくて困ること。また、そのさま。「この暑さには閉口だ」
言い負かされたり圧倒されたりして、言葉に詰まること。
「大哲学者と皆人恐れ入りて―せり」〈露伴・日ぐらし物語〉
口を閉じてものを言わないこと。
「されども大儀なれば満座―の処に」〈太平記・二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へいこう【閉口】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
どうしようもなくて困ること。悩まされること。また、そのさま。 「彼の長談義には-する」 「騒音に-する」 「彼には全く-だ」
口を閉じて言葉を発しないこと。黙ってしまうこと。 「この文に詰められて、しばらく-し給ふところに/太平記 24

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

閉口の関連キーワード黃・亢・交・仰・侯・倖・候・光・公・功・劫・効・勾・厚・口・叩・后・向・咬・哄・哮・喉・坑・垢・好・孔・孝・宏・寇・工・巧・巷・幸・広・庚・康・廣・弘・後・恆・恍・恒・恰・慌・抗・拘・控・攻・效・昂・曠・更・校・格・梗・構・江・洪・浩・淆・港・溝・狡・甲・皇・皎・皓・睾・硬・稿・紅・絞・綱・考・耕・耗・肓・肛・肯・肴・腔・膏・膠・興・航・荒・薨・虹・行・衡・講・貢・購・逅・郊・倂・丙・並・併・兵・屏・屛・幣・平・弊・柄・炳・瓶・病・睥・竝・聘・蔽・閉・陛・餅恐れる・畏れる・怖れる・懼れる・惧れるウィリアムズ現象ムシヒキアブ堤中納言物語根問い葉問いスロベニア語恐れをなすあごの損傷阿吽・阿呍カモメガイ声を上げるわざくれそしゃく自然居士金剛力士藤原光隆苦しめる詫び入る

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閉口の関連情報