三村荘(読み)みむらのしょう

百科事典マイペディアの解説

三村荘【みむらのしょう】

近江国にあった荘園。蒲生(がもう)郡島郷(現,滋賀県近江八幡市)を中心とする一帯と考えられるが,愛知郡域とする説もある。鳥羽(とば)上皇の御願寺宝荘厳(ほうしょうごん)院(白河御堂)領の一つで,1159年に米300石,油1石6斗,薦(こも)300枚の年貢が課されていた。1228年後堀河天皇領家(りょうけ)職を延暦(えんりゃく)寺西塔(さいとう)に寄進したが,翌年幕府の要求で停止されており,のち園城(おんじょう)寺円満院に伝領されたと考えられる。1330年宝荘厳院の敷地および執務職が後醍醐(ごだいご)天皇から京都東寺に寄進されたが,すでに東寺から六角氏頼(うじより)に荘半分が売却されており,またその家臣らの所領もあったようである。1362年頃から宝荘厳院と東寺の雑掌の間で相論が続くが,1374年には同職や荘内の島郷以下の寺領が東寺領とされている。一時,華頂門跡(かちょうもんぜき)に半済(はんぜい)分が与えられたが,1478年に再三の訴えで東寺に還付されている。島郷には市が立てられ,1501年横関商人と保内(ほない)商人が呉服座をめぐって争う事件が起きている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みむらのしょう【三村荘】

近江国愛智郡または蒲生郡のうちにあった荘園。現在の滋賀県彦根市三津町付近とする説(《近江輿地志略》)もあるが不詳。鳥羽上皇の御願寺宝荘厳院(白河御堂)領の一つで,1159年(平治1)には上座法眼静憲が預所を務め,米300石,油1石6斗,薦(こも)300枚の年貢の上納が義務づけられていた。1228年(安貞2)延暦寺西塔領となったが,翌年停止され,鎌倉末まで王家領であった。1330年(元徳2)宝荘厳院の執務職が東寺に寄進され,貞治年間(1362‐68)以降,同院雑掌と東寺雑掌の間で相論が続く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android