コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我が子を食うサトゥルヌス

デジタル大辞泉プラスの解説

我が子を食うサトゥルヌス

スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤの絵画(1820-23)。原題《Saturno devorando a un hijo》。ローマ神話の農耕の神サトゥルヌス(ギリシャ神話のクロノス)が、将来、自らの子に殺されるという預言を恐れ、子供たちを食べ殺した場面を描いたもの。晩年に制作された「黒い絵」と呼ばれる一連の作品の一つ。マドリード、プラド美術館所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android