コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我が子を食うサトゥルヌス

1件 の用語解説(我が子を食うサトゥルヌスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

我が子を食うサトゥルヌス

スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤの絵画(1820-23)。原題《Saturn Devouring One of His Children》。ローマ神話の農耕の神サトゥルヌス(ギリシャ神話クロノス)が、将来、自らの子に殺されるという預言を恐れ、子供たちを食べ殺した場面を描いたもの。晩年に制作された「黒い絵」と呼ばれる一連の作品の一つ。マドリードプラド美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

我が子を食うサトゥルヌスの関連キーワードゴヤ日傘砂に埋もれる犬スペインの時着衣のマハ裸のマハホワイト・ライン魔女の集会魔女の夜宴ディエゴ=デ=サン=フランシスコ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone