コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

我が子を食うサトゥルヌス

デジタル大辞泉プラスの解説

我が子を食うサトゥルヌス

スペインの画家フランシスコ・デ・ゴヤの絵画(1820-23)。原題《Saturno devorando a un hijo》。ローマ神話の農耕の神サトゥルヌス(ギリシャ神話のクロノス)が、将来、自らの子に殺されるという預言を恐れ、子供たちを食べ殺した場面を描いたもの。晩年に制作された「黒い絵」と呼ばれる一連の作品の一つ。マドリード、プラド美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android