コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒賢 カイゲン

3件 の用語解説(戒賢の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かいげん【戒賢】

《〈梵〉Śīlabhadra》6世紀末のインド、マガダナーランダー寺の僧。玄奘(げんじょう)の師。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいげん【戒賢】

Ś īlabhadra〕 古代インド、マガダ国那爛陀ナランダ寺の僧。サマタンタ国の王族出身。玄奘げんじようの師。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戒賢
かいけん
(529―645)

インドの仏教学者、唯識(ゆいしき)の学匠。サンスクリット名をシーラバドラlabhadraという。若くして護法(ごほう)の弟子となり、護法示寂ののち、ナーランダー学園の最高指導者として、長く学園を統率した。著書は伝わらないが、学風は護法の正系を継いだとみられ、伝説的に、法相(ほっそう)大乗を最高とする三時教判をたてて、無相(むそう)大乗を最高とする中観(ちゅうがん)派の智光(ちこう)と論争したといわれる。なお、玄奘(げんじょう)はインドに渡って戒賢と出会い(当時、戒賢は106歳であったという)、唯識、因明(いんみょう)などを親しく学び、帰国後、これを中国に伝えて法相宗を開いた。[竹村牧男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の戒賢の言及

【護法】より

…南インドのドラビダ国に大臣の子として生まれたが,王の娘との結婚式の夕べに出家した。〈唯識思想〉を究めて,ナーランダー寺に入り,ここで戒賢(シーラバドラŚīlabhadra)や最勝子など多くの弟子を育成した。また,従来の諸学説を検討,集大成して新しい唯識説を提唱した。…

※「戒賢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戒賢の関連キーワード金俊根ガウルかもめゴンドラ浄飯王世紀病阿闍世車匿難陀コインブラ新大聖堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone