戸川安論(読み)とがわ やすのぶ

  • 戸川安論 とがわ-やすのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1762-1821 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦12年生まれ。幕臣。享和2年蝦夷(えぞ)奉行(のち箱館(はこだて)奉行,松前奉行改称)。同僚羽太正養(はぶと-まさやす)とともに,蝦夷三官寺建立,牧場の開設,箱館周辺の開墾など蝦夷地開発にあたった。文政4年3月23日死去。60歳。本姓は曲直瀬(まなせ)。通称は藤十郎。名は安倫とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android