戸川安論(読み)とがわ やすのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸川安論 とがわ-やすのぶ

1762-1821 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦12年生まれ。幕臣。享和2年蝦夷(えぞ)奉行(のち箱館(はこだて)奉行,松前奉行と改称)。同僚の羽太正養(はぶと-まさやす)とともに,蝦夷三官寺の建立,牧場の開設,箱館周辺の開墾など蝦夷地開発にあたった。文政4年3月23日死去。60歳。本姓曲直瀬(まなせ)。通称は藤十郎。名は安倫とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android