コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸張富久 とばり とみひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸張富久 とばり-とみひさ

?-1825 江戸時代中期-後期の装剣金工。
後藤延乗の門人。江戸の雑司ケ谷,京橋にすむ。竜や獅子などの下絵を自分でかいて彫刻したが,酒井抱一(ほういつ)の下絵をもちいることもあった。朝顔図の小柄(こづか)がもてはやされた。文政8年3月5日死去。通称は喜惣次。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

戸張富久の関連キーワード産業革命史(年表)アレクサンドルホイットニーボワソナードムニクー岩漿クリューガーニコライ[1世]アレクサンドルサン=シモン

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android