コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田忠恕 とだ ただゆき

2件 の用語解説(戸田忠恕の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田忠恕 とだ-ただゆき

1847-1868 幕末の大名。
弘化(こうか)4年5月23日生まれ。戸田忠温(ただよし)の子。兄戸田忠明(ただあき)の跡をつぎ,安政3年下野(しもつけ)宇都宮藩主戸田家第2次6代。文久2年幕府から畿内(きない)各地の山陵の調査・修復の許可を得,百余ヵ所を修理。元治(げんじ)2年天狗(てんぐ)党の乱への出兵の遅れをとがめられ,謹慎を命じられるが,のち山陵修理の功でゆるされる。慶応4年5月28日死去。22歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

戸田忠恕

没年:明治1.5.28(1868.7.17)
生年:弘化4.5.23(1847.7.5)
幕末の下野宇都宮藩主。越前守。宇都宮藩主戸田忠温の7男。江戸生まれ。兄忠明の死去により安政3(1856)年に10歳で襲封,7万7850石。文久2(1862)年山陵修理を幕府に建議。家老間瀬和三郎(のち下野高徳藩主,戸田忠至)らが,畿内の諸陵百余カ所を調査,修理を加えた。元治1(1864)年水戸天狗党の筑波山挙兵の討伐に出兵が遅れたため,幕府の嫌疑を受け,慶応1(1865)年隠居謹慎。養子忠友が2万7850石を減封されて陸奥棚倉に移封を命じられたが,同年10月山陵修理の完成の功績により,忠恕は謹慎を免され,戸田家は7万7850石に復されて転封は中止になった。戊辰戦争では,脱走した旧幕軍に城を攻略され,数日で奪回したが,直後に死去した。<参考文献>徳田浩淳編『史料宇都宮藩史』,『宇都宮市史』6巻

(根岸茂夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の戸田忠恕の言及

【宇都宮藩】より

…家老間瀬(戸田)忠至(ただゆき)は城下出身者蒲生君平の《山陵志》を受けて,山陵奉行の任にあたり,高徳1万石を分与された。64年(元治1)筑波山の水戸天狗党は家老県信緝(あがたのぶつぐ)(六石)らに宇都宮藩の同調を求め,県は拒否したが,藩士で加わる者もおり,藩主戸田忠恕(ただゆき)は謹慎,5万石に削封のうえ,いったんは陸奥棚倉へ転封を命じられた。68年(明治1)戊辰戦争では,新政府側についたものの,日光へ敗走する大鳥圭介らと新政府軍の攻防の舞台となった。…

※「戸田忠恕」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戸田忠恕の関連キーワード宇都宮市宇都宮尚綱宇都宮義綱岡田真吾奥平忠昌小林清次郎戸田忠明戸田忠文堀貞道政五郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone