コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸田忠真 とだ ただざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸田忠真 とだ-ただざね

1651-1729 江戸時代前期-中期の大名。
慶安4年11月11日生まれ。戸田忠昌の次男。下総(しもうさ)佐倉藩(千葉県)藩主,越後(えちご)(新潟県)高田藩主をへて,宝永7年下野(しもつけ)宇都宮藩主戸田家第1次初代。7万7850石。奏者番兼寺社奉行,老中を歴任。元禄(げんろく)14年勅使饗応役の浅野長矩(ながのり)が江戸城中で刃傷(にんじょう)事件をおこした際,その代役をつとめた。享保(きょうほう)14年10月28日死去。79歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

戸田忠真の関連キーワード享保改革長沢楽浪長沢東海戸田忠余

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android