コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸谷新右衛門 とや しんえもん

3件 の用語解説(戸谷新右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸谷新右衛門 とや-しんえもん

江戸時代中期の農民。
紀伊(きい)伊都(いと)郡(和歌山県)の高野山寺領の庄屋。高野山では規定の京升より容量のおおきい讃岐(さぬき)升で年貢を徴収していたため,享保(きょうほう)5年(1720)幕府にうったえでた。要求は実現したものの,身柄は寺にあずけられ,7年6月惨殺されたというが,この事件は実証性にとぼしく創作とみられている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

戸谷新右衛門

没年:享保7.6.19?(1722.7.31)
生年:生年不詳
江戸中期の紀伊国伊都郡(和歌山県)島野村の庄屋。高野山寺領では,幕府公定の京枡よりも2%増しの讃岐枡を使用して年貢の増徴をしていたので,村民の困苦をみかねた新右衛門が,享保4(1719)年江戸出訴におよんだという。訴願は幕府の認めるところとなったが,新右衛門の身柄は領主である高野山に預けられ,寺では牢獄につなぎ,石籠詰めに処したという。民権家小室信介が明治16(1883)年1月,その墓に詣でて,佐倉宗吾と並ぶ義人と讃える祭文をよんでいる。<参考文献>小室信介『東洋民権百家伝』

(藪田貫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸谷新右衛門
とやしんえもん

生没年不詳。近世中期の義民。紀伊国(和歌山県)高野山(こうやさん)寺領の伊都(いと)郡清水組島野村の庄屋(しょうや)で、1721年(享保6)、高野山の年貢米収納用の桝(ます)は京桝を使用すべきであるのに、それより大きい讃岐(さぬき)桝を使用し、かつ桝に手を加えて多くを取り立て、付加税も多いと、江戸の寺社奉行(ぶぎょう)に越訴し、高野山で石子詰(いしこづめ)の惨刑を受けたという。しかし、これは佐倉宗吾(さくらそうご)(惣五郎(そうごろう))の高野山版で、多分に伝説的要素が強いという説が有力である。[安藤精一]
『安藤精一著『和歌山県の歴史』(1970・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戸谷新右衛門の関連キーワード和歌山県伊都郡和歌山県伊都郡九度山町九度山和歌山県伊都郡かつらぎ町窪和歌山県伊都郡かつらぎ町御所和歌山県伊都郡かつらぎ町滝和歌山県伊都郡かつらぎ町萩原和歌山県伊都郡高野町林和歌山県伊都郡高野町細川和歌山県伊都郡高野町南和歌山県伊都郡高野町湯川

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone