コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸賀湾 トガワン

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕戸賀湾(とがわん)


秋田県男鹿(おが)半島の西岸にある小湾。背後の一ノ目潟(いちのめがた)・二ノ目潟(にのめがた)・三ノ目潟(さんのめがた)と同じマール(爆裂火口)で、その西壁が海食され日本海とつながったもの。男鹿国定公園の景勝地で、波静かな湾内に海水浴場、湾口南岸に水族館がある。戸賀港は避難港に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戸賀湾
とがわん

秋田県西部、男鹿(おが)半島西部にある湾入。楕円(だえん)形の爆裂火口(マール)が海食で湾になったもので、湾口には宮島、根太(ねぶと)島などの島々があり、防波堤となっている。湾内は波静かで水泳、釣りに適し、アワビ、テリ(カサゴ)、スズキなどを漁獲する。また日本海岸での海女(あま)の北限でもある。湾岸には男鹿水族館、秋田大学の臨海実習所、ヨットの艇庫などがある。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

戸賀湾の関連キーワード秋田県男鹿市男鹿温泉一ノ目潟三ノ目潟二ノ目潟男鹿市ねぶと

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android